ブログトップ
JARDINAGE
dejardin.exblog.jp
K様邸 ブロカント風、造形壁の作り方!その2
今回は、石積み壁を造って行く過程を紹介して行きます!


b0219830_1644086.jpg



まず、最初に材料をつくります。
造形用のセメントに顔料を混ぜ合わせて
(ブロカントでは、仕上がりの風合いを活かしたいので
塗装はせず顔料をまぜて仕上げさせて頂いています。
配合はモルタルは硬化してから色が落ち着いていくので、長年の経験が必要です。)
おおまかに形を造りながら、色も変えながら
たまに、2、3歩下がって、ぼーっとしながら
(このほうが、客観的に見えるのです!)
レイアウトをチェックして見たりして、塗り付けていきます!


塗り付けの段階で、仕上げをイメージしながら、細かく造りこんであると
削っていくときが楽になりますよ!


あとは、硬化のタイミングをみながら
特殊な道具(またの機会に紹介できたら)でテクスチャーを入れたり
削ったり、またまた、2、3歩下がって、ぼーっとしながら
全体をみたりして、仕上げていきます!


b0219830_16441894.jpg



これは、2日目の塗り付け途中です。
塗ったその日と次の日で色の違いが判りますでしょうか?
だいぶ、明るくなりますね!


b0219830_16444183.jpg

b0219830_16445615.jpg



最初に石を造っておき、翌日乾いた色をみて、目地を入れて行きます!
あまり、きれいにぺったりと入れない様に、石とのすき間に影が出るようにしたり
バランスをみながら、多少…ワザとらしく
ラフに入れてくと、ホンモノに似せれます!

お庭が明るくなる様、目地は石よりも明るめの色をいれ、全体のトーンを上げてみました!


次回は建具を取り付けたあとの、造形壁の完成後をご紹介したいとおもいます!




ウツキ
[PR]
by brocante-garden | 2011-06-05 16:42
<< 梅雨の晴れ間に… 塗装の一日の材木達…その後! >>